2018年08月17日

「知って得する家庭の省エネガイド」ワークショップ

テーマ   「知って得する家庭の省エネ」

日:時    8月7日(火)
会場     豊栄公民館聴覚室
講師     地球温暖化防止コミュニケーター
        伊藤興亜様
主催     NPO法人 エコネットにいがた


8月7日支部定例会後、「省エネ講座」に参加しました。
エコネットにいがたの本間理事長は「昔は普段の生活が省エネだったのではないでしょうか。ゴミステーションを見ると最近はプラスチックごみより生ごみが少ないように思います。
家庭でできる省エネの普及活動についてワークショップでいろいろと考えて欲しいと思います。と挨拶がありました。

                      ワークショップの為のグループ編成を全員で行いました。

第一部
 プレゼンテーション   
  新潟県地球温暖化防止推進委員     伊藤興亜様
    
   来年度は消費税が2%UPします。1世帯当たり月平均25万~26万で2%UPで月5000円のUPになります。
DSC_0920.JPG      DSC_0915.JPG

エアコン・照明器具・ガス石油ファンヒーター・テレビ・冷蔵庫・キッチン器具類・温水機器類・洗濯機、掃除機など様々な省エネガイドをお聞きしました。

家庭内の白熱電球⇒電球型LEDに替えると取り替え1玉あたり年間2500円の節減。
キッチン器具類では⇒進化した省エネ技術を便利に使うこと。(手洗いと食器洗い乾燥機の経費差額は年間8680円の節約)

  まだまだできること、しなければいけない事、があることに気づかされました。

第二部
 ワークショップ
 3つのグループに分かれて
  ①「省エネ生活」を市民に呼び掛ける(伝える)方法は?
  ②「省エネ生活」の家計への効果を訴求する方法は?
  ③「省エネ生活の問題点は?改善点は?
   Etc…を各グループで話し合い発表をしました。

        DSC_0923.JPG
        DSC_0922.JPG
      

       DSC_0924.JPG
          各グループで発表

エアコンのフィルターは掃除するかと思いますが室外器も掃除して下さい!!大きな節約につながるそうです。
室外器はカベ際の面を箒で埃をはらう。又水をかけて埃、よごれを流してみて下さい。
室外器を掃除したことも、水をかけたこともないので驚きでした。
 水で流して感電しないの?との質問に電気は室内から取っているので大丈夫(外側には電源はない)だそうです。
省エネ家電だからと行って簡単に買い替えるのってエコではないのでは?

        DSC_0925.JPG
   


第三部 
  エコネットにいがたでは「食品ロス削減委員会」を立ち上げ今年度の活動計画、取り組み等について

「食品ロス削減」について
  ①自治体の担当者を対象に研修会を開催
  ②学校等で「食品ロス」について教えるためのマニュアル作成をしながら目標達成を目指す。


消費者協会さんは以前から活動して来ていますので、地域でも勉強会や講演会など計画をして県の取組、市の取組更に一般市民にすそのを広げていく中で「食品ロス削減」に繋がると心強く感じています。と話されました。









posted by チューリップ at 16:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

廃油せっけん作り

日時   7月6日(金)  13:30~
場所   原信豊栄店様 店頭

 豊栄支部と市豊栄連合婦人会で【廃油せっけん作り】を開催しました。
 エコに関心を持って下さる方が増えたのでしょうか。今年は25名の方が参加されました。
DSC_0797.JPG
DSC_0796.JPG    DSC_0795.JPG

使用済の古い油の方が早く固まること。 外気温度が高いと寒い時より早く固まること。使い方等の説明を受けながら初めて参加された方は一生懸命樽の中をかきまぜていました。

DSC_0790.JPG
香りのエッセンスを入れたものも作りましたが、
【食器洗いに使うので匂いの無いものが良い】等の話も聞かれました。

廃油せっけん作りを楽しみのして下さる方もいる中、使い方などにも話しの輪が広がっていました。

posted by チューリップ at 16:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

救援物資の仕分け・炊き出しワークショップに参加してきました

日時 : 6月17日(日) 9:00~15:30
場所 : 豊栄さわやか老人福祉センター

   : 新潟市北区防災士の会 会長 鈴木良子様
      北区副区長   佐々木 勇

問合せ: 北区地域総務課地域・防災グループ

午前 : パッククッキング
        講師  食生活改善推進委員
午後 : ワークショップ
     「一人でも多くの方に支援物資を届けるために」
       講師   NPO法人ふるさと未来創造堂
             常務理事兼事務局長  中野雅嗣氏


  午前の部(パッククッキング)
  
「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに生涯における健康づくり活動」を地域において推進している食生活改善推進委員の皆さんに教えて頂きました。

*パッククッキングの作り方
 ①ポリ袋(耐熱性のもの)に材料、調味料を入れる。
 ②袋の空気を抜いて。
 ③口元をしっかりしばる。
 ④沸いているお湯の中にいれて(湯沸かしポット、鍋など)
 ⑤袋が浮かないように落としフタ(お皿など)をして30分茹でる
                                                    DSC_0742.JPG

                                                  DSC_0745.JPG
                                                     男性の方も大勢参加されました

                               DSC_0744.JPG           
                                ポイント=しっかり空気を抜くこと
今回のメニューは
 ・ごはん
 ・キャベツとさば缶のカレー風味(サバ水煮缶)
 ・蒸しパン

                      
              DSC_0750.JPG     DSC_0749.JPG

                     DSC_0751.JPG
      ごはん、キャベツカレー、蒸しパンはお湯に入れて30分で同時に出来あがりました


*災害時には普段出来ることが出来ない状況になります。でも冷たいものばかりでなく暖かいものを食べることで心もなごみホットし安心感も生まれるとの事。

イザ!!という時に日々の生活の中で実践してみることはいいことではないでしょうか。
(子供たちと一緒に日曜日や夏休みなどに日常で作ってみるのも大事かも知れません)


  午後の部
「救援物資の仕分け・炊き出しワークショップ」

講師  NPO法人
     ふるさと未来創造堂 
     常務理事兼事務局長  中野雅嗣様

被災地では物資募集をしていなくても
         避難所に突如届く物資・・・・
           行政ボランティアも、連日、仕分けに追われる・・・・。
                   DSC_0764.JPG
                 グループ毎のワークショップ
                               

支援前に知って欲しい事、なぜ仕分けが大事なのかを勉強させて頂きました。
グループごとに想定物資を仕分けてみました。
・いつ、どこで、誰が、何を必要としているか・・・・。
 (被災直後と何日か後では必要なものが変わってくる事なども知ることが出来ました。

      
                     DSC_0766.JPG  
段ボール30箱分想定した物資を記入した紙を受け取り、書かれてあるリスト(物資)を基にグループごとに仕分け作業をしました。

支援する側、される側の想いは違っていることもあります。ニーズがその時々で変わる事もあります。、物をお金に替えて支援するのも一つの方法。個人の物資支援は難しい事もある。など等を知ることも出来ました。

                     DSC_0767.JPG
          各グループで支援する時の心構えなどを発表しあいました。

                DSC_0768.JPG
           炊き出しではこのような感情も生まれるのでは?とのグループ発表もしました。
中野さんは
  《物資支援だけでなく募金など自分に出来る支援を考え、誰でもができる防災、減災に対する軸ずらしで    暮らしの中にちょっと防災を添える工夫》をしてほしいと話されました。

消費者協会豊栄支部では会場に防災ずきん、防災着なども展示して参加者に見て頂きました。
                       
                        
                     DSC_0760.JPG 
       興味深く質問を受けたり、アドバイスを受けたりと賑やかに見て頂きました。

                                        DSC_0762.JPG  
裾をはしょれば袋に・・・物も入れることができます。
ペットもいれられる?赤ちゃんは?など賑やかな会話が弾みました。

                              DSC_0756.JPG      DSC_0757.JPG     

浴衣の袖をり小物袋をつけた防災着は皆さんから驚きの声も上がりました。
 袖は袋として布草履(スリッパなど)入れに利用しました。(遠藤イツ子さん作)




























     


続きを読む
posted by チューリップ at 22:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする