2018年06月18日

救援物資の仕分け・炊き出しワークショップに参加してきました

日時 : 6月17日(日) 9:00~15:30
場所 : 豊栄さわやか老人福祉センター

   : 新潟市北区防災士の会 会長 鈴木良子様
      北区副区長   佐々木 勇

問合せ: 北区地域総務課地域・防災グループ

午前 : パッククッキング
        講師  食生活改善推進委員
午後 : ワークショップ
     「一人でも多くの方に支援物資を届けるために」
       講師   NPO法人ふるさと未来創造堂
             常務理事兼事務局長  中野雅嗣氏


  午前の部(パッククッキング)
  
「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに生涯における健康づくり活動」を地域において推進している食生活改善推進委員の皆さんに教えて頂きました。

*パッククッキングの作り方
 ①ポリ袋(耐熱性のもの)に材料、調味料を入れる。
 ②袋の空気を抜いて。
 ③口元をしっかりしばる。
 ④沸いているお湯の中にいれて(湯沸かしポット、鍋など)
 ⑤袋が浮かないように落としフタ(お皿など)をして30分茹でる
                                                    DSC_0742.JPG

                                                  DSC_0745.JPG
                                                     男性の方も大勢参加されました

                               DSC_0744.JPG           
                                ポイント=しっかり空気を抜くこと
今回のメニューは
 ・ごはん
 ・キャベツとさば缶のカレー風味(サバ水煮缶)
 ・蒸しパン

                      
              DSC_0750.JPG     DSC_0749.JPG

                     DSC_0751.JPG
      ごはん、キャベツカレー、蒸しパンはお湯に入れて30分で同時に出来あがりました


*災害時には普段出来ることが出来ない状況になります。でも冷たいものばかりでなく暖かいものを食べることで心もなごみホットし安心感も生まれるとの事。

イザ!!という時に日々の生活の中で実践してみることはいいことではないでしょうか。
(子供たちと一緒に日曜日や夏休みなどに日常で作ってみるのも大事かも知れません)


  午後の部
「救援物資の仕分け・炊き出しワークショップ」

講師  NPO法人
     ふるさと未来創造堂 
     常務理事兼事務局長  中野雅嗣様

被災地では物資募集をしていなくても
         避難所に突如届く物資・・・・
           行政ボランティアも、連日、仕分けに追われる・・・・。
                   DSC_0764.JPG
                 グループ毎のワークショップ
                               

支援前に知って欲しい事、なぜ仕分けが大事なのかを勉強させて頂きました。
グループごとに想定物資を仕分けてみました。
・いつ、どこで、誰が、何を必要としているか・・・・。
 (被災直後と何日か後では必要なものが変わってくる事なども知ることが出来ました。

      
                     DSC_0766.JPG  
段ボール30箱分想定した物資を記入した紙を受け取り、書かれてあるリスト(物資)を基にグループごとに仕分け作業をしました。

支援する側、される側の想いは違っていることもあります。ニーズがその時々で変わる事もあります。、物をお金に替えて支援するのも一つの方法。個人の物資支援は難しい事もある。など等を知ることも出来ました。

                     DSC_0767.JPG
          各グループで支援する時の心構えなどを発表しあいました。

                DSC_0768.JPG
           炊き出しではこのような感情も生まれるのでは?とのグループ発表もしました。
中野さんは
  《物資支援だけでなく募金など自分に出来る支援を考え、誰でもができる防災、減災に対する軸ずらしで    暮らしの中にちょっと防災を添える工夫》をしてほしいと話されました。

消費者協会豊栄支部では会場に防災ずきん、防災着なども展示して参加者に見て頂きました。
                       
                        
                     DSC_0760.JPG 
       興味深く質問を受けたり、アドバイスを受けたりと賑やかに見て頂きました。

                                        DSC_0762.JPG  
裾をはしょれば袋に・・・物も入れることができます。
ペットもいれられる?赤ちゃんは?など賑やかな会話が弾みました。

                              DSC_0756.JPG      DSC_0757.JPG     

浴衣の袖をり小物袋をつけた防災着は皆さんから驚きの声も上がりました。
 袖は袋として布草履(スリッパなど)入れに利用しました。(遠藤イツ子さん作)




























     


続きを読む
posted by チューリップ at 22:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

総会後の記念講演会

豊栄支部では
 5月29日の総会終了後引き続き記念講演会を開催しました。

演題    「防災につなぐ地域活動」について

講師    北区防災士の会会長
          鈴木良子様

講演の前に
 北区総務課の浦松様より仙台で行われたイベントに参加してきた時のお話を伺いました。

東日本大震災から7年もたつと【忘れかけていたり】【もうしばらくはないだろう】との思いから震災、災害等のイベントには年々参加者が少なくなりつつあるそうです。
 そんな中開催された【あれから7年スペシャルイベント】に参加してきたそうです。


 仙台の皆さんは大勢のボランティアの皆さんに助けて頂きとても感謝しているそうです。
中でも新潟と神戸の皆さんにはとても感謝していると言われたそうです。

多くのボランティアの皆さんが支援に入っていたが、何をどうして良いか分からず指示を待って活動していたそうです。
震災経験のある新潟と神戸の方は被災者の方に寄り添い「いいんだよ!何もしなくてもいいんだよ!ゆっくりやすんで下さい」と声を掛け指示待ち無しで積極的に動いてくれたそうです。
「周りからそのように見られている新潟です。」と浦松さんはおっしゃいました。

ファッションショーの開催はブルゾンちえみさんの35億の曲にのって楽しく行われたそうです。
*毛布でガウンかわりに  *ポリ袋で足の保温  *足元は新聞紙で作ったスリッパをはいて
*けがをしたところをラップで固定して押さえる  *風呂敷で赤ちゃんを前抱っこ…等など

お話をお聞きして参加してみたいな~と感じました。

DSC_0658.JPG
北区防災士の会会長  鈴木良子様

演題    「防災につなぐ地域活動について」

新潟県の新たな津波浸水想定断層等のお話しもお聞きしました。
                 DSC_0661.JPG
佐渡北・佐渡西・佐渡西方・越佐海峡=津波断層モデル位置図

                 DSC_0663.JPG
北区津波避難場所を確認しておきましょう。
津波が来ると新潟東港からの水が豊栄福島潟地区に向い(ピンクの線)上がってくる。
新潟東港~・豊栄IC・道の駅~豊栄新潟東港~福島潟へ逆流しすり鉢の底に水がたまったと同じようにいつまでも水が掃けない状態になる可能性もある。
日頃から自分の住んでいる地区の状況を把握して防災に繋げていかなければならないと感じました。


【日頃の交友関係が災害時には大きな力になる】
  ・ゴミ捨ての時などのひと声かけ
  ・地域のイベントに参加し友達をたくさん作り横のつながりを持つ
  ・地域作りは女性の力
  ・頭に入っている地域の事と目で見た感じは全く違います
  
【自分の命は自分で守る、誰も守ってくれない】
・たんすのある部屋では寝ない
 ・たんすは倒れます。テレビはとびます。 レンジは走ります。
 ・子供部屋の机は非常に大事である(即机の下に隠れること出来ます)
  (ベットの下にスリッパや靴など用意されていると更にいいですね)

【高齢者が高齢者を助けるために】
 ・足腰を鍛えて避難所に歩いて行きましょう(ロコモ予防運動
 ・飲み込みを良くしましょう。避難所では特別な食べ物はありません。みんなと同じものを食べましょう
  (早口言葉でお口の体操)


DSC_0660.JPG

00120001.JPG
全員でビデオを見ながらお口の体操をしました。

最後に鈴木会長はおっしゃいます。
【個々のスキルやマスコミの力もお借りしながらこれから防災地域一番を目指して進めて行きたい!!】

改めて意識を呼び起こさせて頂いた総会後の素晴らしい講演でした。


6月17日(日)地域防災力向上事業「救援物資の仕分け・炊き出し」ワークショップが開催されます。
個々にではあるが消費者協会の一員として是非参加したいと思う。





posted by チューリップ at 16:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

H30年度豊栄支部総会開催しました

5月29日(火) 豊栄地区公民館にて
  平成30年(第40回)豊栄支部総会を開催しました。

例年同様に会員の自宅庭に咲いているお花を持ち寄り会場作りから始まりました。。
                各席と来賓席にお花を飾りました。

来賓として
 北区区民生活課課長     高桑一代様(4月に東区役所より着任)
 北区豊栄地区公民館館長  拝野愽一様(4月に南区役所より着任)
  のご出席を頂きました。

                                                             
                  DSC_0647.JPG
                           会長挨拶
田んぼの苗も田圃の水が美しさを引き立てピカピカ輝いています。
消費者協会の皆様と共に北区の良さをしっかりとPRしていきたいと思います。そして皆様と共に活動できることに幸せを感じ感謝しています。頑張って行きましょう。
  と今年度の活動に意欲的なお話がありました。


                  DSC_0649.JPG
                       来賓ご挨拶

私たち消費者を取り巻く環境も大きく変わってきています。
  ・社会においても1970年には全人口の7%を超えて日本は高齢化社会に入りました。
  1995年阪神淡路大震災・オウム真理教の時代は14%。 2007年新潟政令都市の頃には21%を超える超高齢化と変わってきています。
  高齢者が高齢者を支える時代になっています。
 消費者協会の皆さんが人材育成の場、地域活動の場として今後ますます活躍の場を広げて頂きたい。
  とのお言葉を頂きました。

                DSC_0651.JPG
総会は第1号議案・2号議案(H29年度事業報告・会計報告)  第3号議案~5号議案(H30年度事業案、役員承認、予算案等すべての議案は拍手をもって承認されました。


                 DSC_0645.JPG
 会員手作りの作品も展示販売され和やかな雰囲気の中総会は無事終了致しました。



続きを読む
posted by チューリップ at 16:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする