2018年05月12日

県総会&記念講演会に参加しました

4月24日(火)新潟ユニゾンプラザで開催
 新潟県消費者協会の平成30年度の通常総会に参加しました。
 豊栄支部では5人が参加しました。

    DSC_0551.JPG    DSC_0553.JPG

長谷川会長、来賓の挨拶後平成29年度の事業実施報告・決算報告・監査報告や平成30年度事業計画案・収支予算案等が拍手をもって承認されました。

総会記念講演会
演題  「ハードオフ流こだわり経営」
      ~リュース・リサイクルは地球環境に一番やさしいビジネス~

講師  株式会社ハードオフコーポレーション
    代表取締役会長兼社長  山本 善政 氏
 消費者協会としてリサイクルや地球環境等たびたびび勉強会も開き身近に感じている問題だけに興味深く拝聴しました。
   
                   DSC_0557.JPG
       【最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるものでもない」
             唯一行き残るのは、変化(change)できる者である。】


21世紀の時代認識!!
*スピード=リアルタイム・・・・・・21世紀はスマホの時代全世界がリアルタイムである。
*ルール=野球~サッカー・・・・・レッドカード1枚で退場。
*グローバルスタンダード=100円の価値と価格・・・・衣食住が100円(世界人口の1割が100円で過ごしている
*コンプライアンスとガバナンス=統制・・・・許されていたことが許されない
*シニアの活躍・・・・一人っ子政策等で子供が少ない
21世紀の時代をしっかりと認識することを考えさせられました。

経営理念

 *近江商人の【三方よし】・・・・売り手よし、買い手よし、世間よ
ハードオフの経営理念(4つのテスト)を挙げました。
 ①社会のためになるか
 ②お客様のためになるか
 ③社員・スタッフのためになるか
 ④会社のためになるか
    (優先順位は①~④の順でなければならない。そして4つ全てを満たしている事)と話されました。

社長は昔困った時に相談した方から言われたことが目からうろこであったと言う。
 【白紙になりなさい、リセットしてはどうですか】と言われたことで
   『何が大事か』『何が必要か』が分かったとも話されていました。


そして最後に
《小事は大事》
  あいさつと掃除の大事さ→不思議な法則で業績に比例し多重な価値を生むと結ばれました。




続きを読む
posted by チューリップ at 18:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

防災ずきん制作発表会

2月27日(火)に豊栄支部会員が作った【エコ防災ずきんの制作発表会】を行いました。
きっかけは昨年6月に行われた【救援物資の仕分け方・炊き出しワークショップ】に参加した事でした。

北区防災士の会 会長の鈴木様から「豊栄支部さんでエコ防災ずきんを作ってみませんか?」との声がかかり昨年の夏ごろから作り始めました。
                     DSC_0466.JPG
           様々な工夫をした エコ防災ずきんは20枚にもなりました。

何からどのようにしたら良いのかわからないままに会員でそれぞれに工夫をしながら作り定例会の度にアイデアを持ち寄るようになりました。
100円ショップの座布団2枚で作ったのよ、布が無くてもバスタオルで作れるよ、ひもで結ぶよりゴムで留めれば簡単だよね、マジックテープは?など創意工夫の話が尽きることがありませんでした。

会員さんのご主人が「俺のはないのか?」と家庭内でも防災に関する話が出るほどまでになってきました。

防災士会長の鈴木さんから「エコ防災ずきんのファッションショーをやりましょー」との一言から制作発表会を計画することになりました。          
                  DSC_0510.JPG
主催    北区防災士の会
       消費者協会豊栄支部
北区区役所総務課安心安全係,NPO法人 自遊舎就労継続支援B型自遊館の協力を得て実施しました。
                DSC_0483.JPG
       各自が「どんな思いで作ったのか」「工夫した所」などをを発表しました。

                DSC_0474.JPG
         行政さんや自遊館の皆様、所長さんにも被って頂き感想等も頂きました。
              DSC_0502.JPG
 このエコ防災ずきんは多用途に使えることが大きなポイントとなっています。
避難所では「開けばひざ掛け」「枕」「クッション」としても使えます。
又、ポケットを付ければ「薬」「下着」「靴下」「ホッカイロ」etcなど必需品を入れることが出来ます。
ずきんには綿の変わりにタオルを入れればそれも利用することが出来ます。

東日本大災害、熊本地震など頻発する昨今「てんでんこ」が叫ばれています。
「自分の命は自分で守りましょ」「とにかく生きて下さい。どんなことがあっても生きて下さい」との鈴木会長のお話がありました。

DSC_0499.JPG   DSC_0489.JPG
防災ラジオなどの説明も行政さんからお聞きしました。市からの補助も出るそうです。
                              (購入前に市・区に相談してみて下さい。)


                     DSC_0500.JPG
         参加者の皆様とバスタオルで簡単エコ防災ずきんの作り方を教えて頂きました。

                          DSC_0506.JPG
制作発表後は会員さん手作りのおはぎとお茶を頂きながら防災に関してのお話が尽きませんでした。



この発表会の様子は2月27日当日NSTテレビでも放送されました。
又3月3日の日報にも掲載されました。


            
                   




           

          


posted by チューリップ at 15:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

新年会をしました

1月30日(火)新年会を行いました。
晴れ間が垣間見えた一日楽しい時間を過ごしました

*北区区民課長様から「最近の市・区の状況」などのお話をお聞きしました。

・毎年開催の「音楽の祭典」の取り止めの方向に行っていること。
 反面
・新潟の開港150年に向け2019年には記念イベントを海の日に行う方向にある。
 新潟、両津、聖籠東港で新潟を日本国中に又世界にアピールしていきたい。
・新幹線と在来線ホームの高架切り替え(4月から一部併用開始)

・組織の見直し(地域課・総務課の一本化の見直し
・キテ・ミテ・キタクの開催の見直し
・マイナンバーカードによりコンビニでの交付が可能になる
 (コンビニのマルチコピー機で住民票や印鑑登録証明書などが3月より取れる)
・敬老会の区からの補助金助成などについて
・北区役所新庁舎建設により従来の公共施設の今後のあり方など
 聞きたい事、知りたい事など短い時間の中でいろいろ興味あるお話をお聞きすることがでました。
                DSC_0400.JPG
               北区区民課長 大野様よりの講演

*会員さんでもあり北区防災士の会長でもある鈴木さんから豊栄支部で作った防災ずきんに対しいろいろなご提案を頂きました。
・東京でもし災害が起きた場合には支援物資などは新潟が基点なるのは間違いがない。
・避難所では落ち着けば若い方はそこからお仕事に行きます。残された我々は何をすべきか?
・支部で作った防災頭巾は多用途に使える優れ物ですよ。
(避難所では座布団、枕、ひざかけなどにもなる)・・・と。
大勢の方に発信し知ってもらうことがとても大事なのでいろいろな方に呼びかけてファッションショー
をして広めませんか?????
                     00130001.JPG
                        北区防災士会長  鈴木様

*じゃんけん大会や席番号での景品ゲットをしたり新年会らしく楽しく賑やかに過ごしました。
食べきれないほどの(お持ち帰りしました)ご馳走を頂きながらのおしゃべり交流新年会でした。
                 
 DSC_0403.JPG    DSC_0404.JPG                  北区 松潟屋さんの大満足のご馳走。    





続きを読む
posted by チューリップ at 15:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする